読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱患者の人生消化試合

感情の垂れ流し。ほぼ日記です。

惨めさとプライド

こんばんは、クズです。

 

相変わらず会社で干されています。

何故辞めさせて欲しいと言った時に退職させてくれなかったのか不思議なくらいです。

中途入社の方に私の任されていた仕事が自然と流れていっており、負担をかけさせて申し訳なくて今すぐ死にたいです。

 バイトからも罵倒されています。

もう皆に申し訳なくて申し訳なくて…何故ここにいるのか分からなくなります。

 

惨めでたまらないのですが、行くところもありません。

しかし、ここにはいるべきではありません…辞めてくれと全員が思っているはずなのですが…

常連でいつもよくして頂いていた方にだけ手紙を書いて、繁忙期が過ぎたら消えなければ。

 

自分にも己が惨めだと感じるプライドが少しでもあったことに驚きました。

とっくの昔に惨めだと感じなくなっていてもおかしくない程、地の底を這う人生を送っていた筈なのですが…

惨めさを感じたことで、自尊心がまだあったことに気づき、自分の自惚れや他人への配慮が足りていないことに益々嫌気がさしました。

 

寝る以外の趣味もなく余裕もないのでまた眠ろうと思います。

寝る時が一番幸せです。

次点でクリームパンを食べている時。

 

朝が来ませんように。

おやすみなさい。