読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱患者の人生消化試合

感情の垂れ流し。ほぼ日記です。

鬱とカスタードクリーム

こんばんは、クズです。

 

雪がえらいことになってました。

これからの天気がペラシャツ勢絶対殺すと息巻いていて、今から絶望しています。

殺るなら一思いに。

上司はコートを羽織ることを許可してください。

 

あまりに気分の変遷が激しいのと、どんどん仕事ができなくなっていること、扱いづらい、とりあえず不細工等の点から相変わらず干されています。

誰も信用できませんし、私のことを誰も信用してません。

正直発狂しそうです。もうしてますが。

存在が申し訳なくて辛く、これ以上加害者を続けたくない。

もう迷惑をかけたくない。後悔をしたくない。

毎日辞めるか自殺かの二択を迫られています。

 

そんな時、気分安定剤の役割を果たしてくれるのがカスタードクリームです。

カスタードクリームを摂取している時だけは罪の意識や苦しみから遠ざかり、少しだけ周りの景色が色づいて見えるようになります。

もしかしたら精神薬より効いているのでは?と思うくらいです。

食べおわるとまた鬱に逆戻りですが…

しかしながら罪の意識は常に持ってなければいけませんよね…迷惑物件ですから。

 

カスタードクリームってなんでこんなに美味しいのでしょうか。

シュークリームとクリームパンで破産しそうです。

シュークリームのクリームは固めで、クリームパンは柔らかめの方が好きなのですが、おそらく世間では逆ですよね。

知らんけど。

カスタードクリームと生クリームのWクリームは好みではないなあ、不器用なせいで恐ろしい程手が汚れるんです。

 卵感とバニラビーンズ感が強いほうが好きなんですが、中々出会えない…

もうプリンでも食っとけって言われそうです。

 

カスタードクリームを頓服として摂取していきたい。