読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱患者の人生消化試合

感情の垂れ流し。ほぼ日記です。

薬で人格矯正する日々

こんばんは、クズです。

 

朝寒く、昼暑く、花粉が舞っています。

皮膚がガビガビします。

 

世は3連休なんですよね。

接客業は掻き入れ時ですので、ひっくり返るような忙しさでした。

もう永遠の休息を得たいです。

 

そんな仕事終わりにパン屋をハシゴして大量に売れ残りをせしめた後、だんだんと憂鬱になってきました。

今はパン食べたくない…

これはきっとカレーパンから食べたせいで満腹中枢が刺激されたからではないかと思いますが。

洗濯したのに干すのがだるすぎて、汗をかいているのにコタツから出られません。

そもそも何故洗濯してしまったのでしょうか…

 

今はリーマス600とデパケン600をメインに飲んでいますが、薬を飲むのが正直苦痛でたまりません。

というか薬を飲むのもめんどい。

仕事中もの凄い勢いで頭に血がのぼることもありますが、基本的にボーッとしてぼんやりと仕事しています。

何か言われても、その場では余程のことがないとヘラヘラと笑うだけになりました。

後から思い返してずっとモヤモヤしますが、ブチ切れて涙を流すようなことはなくなりました。

気分の波も健常者には到底及びませんが、多少マシになりました。

メイラックスを常飲しなくなってから、ブチッと切れるような入眠もなくなりました。

ただ、ずっとボーっと暮らしています。

死ななければとは思っていますが。

パンだけが私を支えてくれています。

ありがとう欧米人。

 

どうしても負荷がかかり過ぎると躁転してしまうのか、多弁に暴飲暴食、睡眠障害がでてしまい四方八方に迷惑をばら撒いています。

個人的には病的な多弁だけでも治したいですね。

 

元の人格がどんなものだったのか、最早分かりません。

昔から明らかに精神異常者でしたから…

健常の枠から外れた人間を薬でドーピングして無理矢理枠にぶち込むのですから、そんな早々にできることではありません。

薬を何年も何年も飲んで健常者に歩み寄らなければならない、しかも治るかも分からないこの途方のなさに絶望しています。

これはその他身体的な慢性疾患の方にも言えることですが…違うのは世間の目と理解でしょうか。

 

もう眠くなってきました。

クロワッサンを買えなかったのが心残りです。